文庫本の収納に困った時の対処法!【2つの方法を解説】

文庫本の収納に困った時の対処法!【2つの方法を解説】

文庫本の収納に困った時の対処法2つをご紹介していきます!

文庫本の収納に困っている人は多い

文庫本はなぜか買ってしまう!っていう人多いですよね?

読まなかったりするけど、あとあと読むかも・・と思って捨てられなかったり!
一回読んだ文庫本でももう一度読むかもと思って捨てられないものです。。

そこで、確実に文庫本の収納に困らなくなる方法を2つ紹介します。

売る!

まず、一つ目は売るです。

いやいや、売れないし捨てれないから困ってるんじゃん!
と思うかもしれません。

でも、一度考えてみてください。

読みたくなったら、もう一度買えばよくないでしょうか?
もし、読みたくならなければそのままですし、あまりリスクがないと思いませんか?

むしろ、読まない可能性の方が高いのに置いておく方が場所もとるし、リスクなんじゃないでしょうか?

「もう一度買う」と言っても、一冊1000円程度です。

本当に必要なものであれば1000円程度そこまでダメージにならないですよね。

でも、それでも捨てられない人もいると思います。

トランクルームを使う

捨てられない人はトランクルームを使いましょう。

月3000円程度で使えるトランクルームもあります。

オススメのトランクルームは次の二つです。

ハローストレージ

ハローストレージは全国に80000部屋以上ある、日本で最大規模のトランクルームです。
ハローキティとコラボしているので見たことがある人もいるかもしれません。

ハローストレージのメリットは、とにかく金額が安いということ。
ただでさえ安いのに、キャンペーンをやっているので一ヶ月3000円を切ることもあります。

もっと詳しく知りたい人は次のサイトをご覧ください。
ハローストレージの料金が安い!

キュラーズ

キュラーズも日本で有名なトランクルームのひとつです。
このキュラーズの特徴は、トランクルーム内が綺麗というところです。
かなり綺麗なので、女性の利用者も多いです。

価格はハローストレージよりは高いイメージですが、それでもリーズナブルなことには代わりありません。
きれいさ重視であればキュラーズという感じですね。

もっとキュラーズについて知りたい場合は、次のサイトがおすすめです。
キュラーズの評判を知る

まとめ

文庫本を収納したい人はまず、売るということを考えてみましょう。

それがどうしてもできない場合は、トランクルームという選択肢もありだと思います。

その辺は予算との折り合いをつけて検討してみてください。